· 

9月23日寒河江パラスポーツカーニバル2018

山形県寒河江市のグリバーさがえで行われた『パラスポーツカーニバル2018』に参加させていただきました!


当日は午前中にパネルディスカッションに登壇し、午後から2時間の体験会をやらさせていただきました。

 

ほかにもパラカヌー、パラトライアスロンのアスリートや団体の方々も参加されていて、全国的にも珍しいというグリバーさがえの「多目的水面競技場」をぐるっと囲むように広がる広大な敷地の中で気持ち良く過ごさせてもらいました。

 

まずはパネルディスカッションです。

(一社)山形バリアフリー観光ツアーセンター代表理事で「空飛ぶ車いす社長」こと加藤健一さん司会のもと,視覚障害者当事者として日常で困っていることや周りの方にご協力をいただきたいこと、ブラインドサッカーとの出会いをお話させていただきました。

パラカヌーで東京パラ出場を目指して活動されている小山真選手を始めとして、他の競技の魅力や苦労話を聞くことができて勉強になりました。

ちなみに皆さんお揃いのジーンズを履きながら登壇したのですが、これは車いす用のジーンズだそうです。裁断や素材が工夫されていて車いすを利用しない私にとってもスタイリッシュで履きやすいものでした。

 

午後からは地元のスポ少の小学生やコーチ、このイベントのスタッフの方々に体験をしていただきました。

庄司知能選手と佐々木康明選手兼トレーナーによるデモストレーションから始まり、皆さんには最終的にドリブルシュートとPKまで体験してもらいました。
子ども達は暗闇を恐れずあっという間に慣れてしまった感じでしたので、予定していない難易度の高いプログラムをどんどん追加してしまいましたが、楽しんでいただけたでしょうか?大人の人は付いていくのが大変そうでしたが。。。(笑)

 

コルジャ仙台は東北唯一のブラインドサッカーチームなので、宮城県から一番近い山形県にチームができれば、お互い良きライバルとして楽しくブラインドサッカーができるものと考えています。

 

今回のイベントで見聞きしたことや体験したことを普段の競技生活に活かし、そして周囲の人、見えないもしくは見えづらそうにしているお子さんなどに話を繋いでいただけると嬉しいです。

 

最後に加藤健一さん、特定非営利活動法人スペース・アンド・タイム・クリエーション代表理事の高橋英二さんを始めとしてお招きくださいましたグリバーさがえにはお世話になりました。ありがとうございました!