· 

10月20日岩手県江刺中央体育館ブラインドサッカー体験会

岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会(盛岡地方法務局・岩手県人権擁護委員連合会・岩手県)・グルージャ盛岡様よりお招きいただき、奥州市江刺中央体育館でブラインドサッカーの体験会を行わせて頂きました。


奥州市の水沢FCの皆さん30名とグルージャ盛岡トップチームより10名が参加頂きました。


コルジャ仙台からは代表浦澤の他に佐々木選手、佐藤翔選手で行わせて頂きました。


アイマスクをしてグループを作るゲームでは、佐藤翔選手のアイディアで、全員サッカー選手という事で自分の履いているシューズのメーカー毎に集まるというのをやりました。
その時の皆さんの叫ぶ声の大きさはとても大きく素早く集まりました。


グルージャ盛岡の選手の皆さんも積極的に声を出してくれて、子供たちを導いている姿はとても素晴らしいと感じました。
最後にブラインドサッカーの楽しさと、誰でも出来るスポーツということ、コミュニケーションの大切さ、そして視覚障害者への理解の話をさせて頂きました。


90分はあっという間で、終わるのが名残惜しいくらいでした。


将来有望なサッカー選手達と、岩手で活躍するJリーガーの皆さんとの時間はとても楽しいものでした。


岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会の皆様、グルージャ盛岡の皆様、水沢FCの皆様、以前体験会をやらせていただいたご縁で、地元での体験会ということでお手伝いに来てくれた岩谷堂高校サッカー部OBの菊池さん、
本当にありがとうございました。

 

これからもブラインドサッカーとコルジャ仙台を宜しくお願いします!